Q&A

  • 採用についてのご質問
  • 太陽企画についてのご質問
  • メルマガについてのご質問

採用ノウハウについてのご質問

新卒採用と中途採用は、どちらが会社にとっていいのか。

新卒採用、中途採用各々に、メリットとデメリットがあります。

新卒採用は教育に時間がかかりますが、会社のDNAや文化は伝達しやすいでしょう。
毎年繰り返し採用することで、会社文化の基盤が徐々に構築されてもいきます。

中途採用は待遇が高くなりますが、教育に時間がかかりません。
即戦力としての活躍が期待できます。
他の会社の文化を知っているという面では、新たな風を吹き込み、
社内文化の硬直化を革新する力も持ちます。

「長期的視点」「短期的課題」「教育に避けるパワー」という観点から、
「新卒採用」「中途採用」を判断することが大切です。

新卒中途

内定者から内定承諾書を受け取ってからも、内定辞退は起こる?

起こります。

まず第一として、内定承諾書に法的効力は無いとされています。
そのような情報を内定者側が調べることも、とても簡単な時代です。
さらに就職や辞退に対するスタンスや考え方も、
以前と比べると今の時代は重たくありません。
(その例として、面接のドタキャンも、とても多い時代です)

このような背景から、内定承諾書提出後の内定辞退はありえます。

大切なことは、内定承諾書はある程度形として捉え、
それよりも人と人との結びつきをいかに創り合えるか、
そして人と会社を好きになってもらうかと言えます。

弊社も常に試行錯誤ではありますが、
困ったときはお気軽に弊社求人広告営業マンにご相談ください。

初めて新卒採用をしている。内定者フォローは必要か?

目的を見失わないことを前提に、必要と考えます。

内定者フォローの目的は「内定辞退の防止」
と思われがちですが、実は「マッチング」です。

「防止」だけに気を取られますと、例えば
マッチングしていないことが分かったから「辞退」を決めた学生に対してまで、
辞退防止のパワーを割いてしまうのです。

結果的にお互い無駄な労力を費やして終わってしまいます。
本質的な部分が抜けている、ということですね。

「採用=マッチング」という観点からすれば、「内定辞退」は100%悪ではありません。

内定者フォロー

退職者の退職理由って、信じていいの?

ある採用系媒体の調査では、
退職時に本当の理由を言わない人が大半という結果が出ました。

例えば、会社に告げた退職理由のトップは「家族」なのに、
本当の理由での「家族」は下位に位置していた、というようなものです。

この調査から見るに、退職理由が本当ではない可能性は否めません。

まずは本当の理由よりも、理由を言えない原因を直視する必要がありそうです。
簡単なことではありませんが、せっかく採用できた優秀な人材ですから、
大切にしたいものです。

もちろん、私どもも肝に銘じるべき内容と考えております。

新卒採用の方法がわからない。

ご安心ください。弊社に新卒採用の専門部署があります。
採用戦略設計、説明会、採用力強化等、様々なコンサルティング視点からご提案します。

まずはお気軽にご相談ください。

求人広告で応募者の質を高めたい。

求人広告の「発見性」と、採用ターゲットの「応募意欲」を喚起する仕掛けが必要です。

弊社営業と共に情報を棚卸ししつつ、

「採用目的」
「人材要件の定義」
「採用ターゲットの特定」
「魅力因子の設定」

という段階を踏んで解決に向かいます。

20161214%e5%bf%9c%e5%8b%9f%e8%80%85%e3%81%ae%e8%b3%aa

求人広告で応募数を増やしたい。

求人広告の「発見性」と「動機形成」が重要です。

掲載企業側の一方的なメッセージ、情報の羅列ではなく、
採用ターゲットに届く魅力因子を分析し、打ち出していきたいと思います。

求人広告のクリエイティブによって解決できることもありますので、
まずはご相談ください。

採用パートナーとして採用成功に向かって伴走していきます。

20151202_応募数

定着率を上げたい。離職率を下げたい。

入社前に抱いていた(聞いていた)企業イメージと、
入社後の現実とのギャップに苦しむ人は少なくありません。

イメージギャップが大きければ大きいほど、定着や入社後の活躍が難しくなります。

イメージギャップを埋めるためには、
企業情報や採用情報をより具体的にする必要があります。

それでも解決しない場合は、入社後の現場に問題があるケースが多くあります。

アンマッチ

以下の記事も参考にしてください。

「入社前のイメージと、入社後の現実が違い過ぎる!」…が、故意的に起こっていない可能性

求人広告を出稿する際、原稿に会社のマイナス条件も記載すべき?

率直に言うと、記載した方がマッチング力は高まります。

面接時になって発覚すると、辞退につながりやすくなりますし、
入社後に発覚した場合は、モチベーション低下や離職にもつながりかねません。

また、出稿側が「マイナス条件」と考えていても、
本当にターゲットもマイナスと捉えるのか、
ということは冷静な判断が必要です。

(※簡単な例えでは、オフィスの場所が駅から遠かったとしても、
「駅と会社の間に商店街があるから、買い物できてラッキー」と思う人もいます)

そのあたりの判断や感覚は、
弊社の求人広告営業や制作マンが慣れています。

お気軽にご相談ください。

マイナス情報2

求人広告掲載にあたって、どんな文章が良いのかわからない。

中途採用、アルバイト・パート採用、新卒採用等、
採用の種類によって有効な文章は変わります。

また、企業の特徴や文化、職種、仕事内容、待遇、採用ターゲット等によっても
大きく変わっていきます。

まずはリクルートトップパートナーである弊社の求人広告営業に、お気軽にご相談ください。

☆成功事例ページは、こちらをクリック

求人広告の取材時に、よく「具体例」を聞かれるのは、なぜ?

「明るい人がほしい」
「協調性のある人がほしい」

…例えば、求める人物像についてお客様と打ち合わせをしていると、
このような言葉がよく出てきます。

しかし、多くのクライアント様とお付き合いしてきた私たちからすると、
「明るい」「協調性」というものは、
企業によって随分と価値観が違うようです。

「明るい」が「どんな辛いことがあっても、動じずに飛び込み営業が続けられる人」という会社もあれば、
「結論を見出すときに、前向きな考えで終われる人」という会社もありますし、
「仲間といつも楽しく仕事をしてくれればいい」という会社もあります。

取材の具体例

ある企業様が取材時に、
「わが社の常識は、世の中の非常識」とおっしゃったことがありました。

まさにそのとおりで、自分の会社の当たり前は、
他者から見たらまるで違う価値観であることが多くあります。

かつ、そのようなことは無自覚の場合が多くあるのです。

しかし求人広告では、一般的な感覚のもとで物事を伝える必要があります。
その一般的な感覚で伝える手段として、最も伝わりやすいのが、「具体例」なのです。

お手数かと思いますが、問題が無いようでしたら、ご協力をお願いします。

詳しいことは弊社の求人広告営業マンに、お気軽にご相談ください。

アルバイトの時給はどうやって決めるのか。

一番効率的な時給の考え方は、
「業界相場」×「エリア相場」×「与えるミッション・責任」
です。

ネットの求人メディアでアルバイト募集をすることが多い職種でしたら、
フロムエーナビ等の求人広告メディアで検索すると把握することが可能です。

もしも不安でしたら、弊社の求人広告営業マンにお問い合わせください。

アルバイト時給

ママさんを採用するメリットは何?

家事や育児を実践しているママさんは、

「経験値の高さ」
「手際の良さ」

そして

「働くことへの決意」

が違うと言われます。

ママさんやシニアの方々は、
今後の日本の産業を支える大切なキーマンになると考えられます。

大切なことは、働きやすい環境を整えることです。

長期雇用を視野に入れて環境整備をした方が定着も良いでしょう。
このHPの「成功事例」のページ(←クリックできます)に、
ママさん採用の求人広告が掲載されています。
参考にしてください。

勿論、弊社求人広告営業マンへのご相談もお待ちしております。
ママさん

第二新卒を中途採用する理由は?

企業内事情により様々なケースがありますが、
主な理由の一つには、新卒のように吸収力がありながら、
最初の教育をカットできることがあるようです。

新卒を採用した場合、入社後の教育フェーズは

「社会人として」→「企業人として」→「仕事(職種)の基礎から」

…といった流れでしょう。

この「社会人として」「企業人として」「仕事の基礎」…あたりで退職されると、
採用に長い期間をかけてイチから教育を施した企業側は、
内心たまったものではないわけです。

しかし実際、この時期の退職は少なくありません。

第二新卒の採用を強めている会社は、
最初の教育にかけるコストをカットしつつ、
吸収力はあるのに社会人としての苦労はやや体験済みという
優秀ポテンシャル層を採用したいわけです。

短期間での戦力化も可能ですから、
特に成長期、拡大期に入っている企業やベンチャー企業は、
第二新卒層を狙いにいく傾向があると言えます。

とはいえ、企業内の年齢構成やキャリア構成によります。
メリットもあれば、デメリットもあります。

ご相談したい場合は、お気軽に弊社求人広告営業にお声掛けください。

「自社のホームページ上の写真をタウンワークに使って」と伝えたら、「写真が小さすぎて無理です」と言われた。なぜ?

専門的な話を始めると、相当に文字数を使ってしまいます。

簡単に、事実だけをお伝えしますと…

画像のサイズ

「WEB媒体(HP、リクナビNEXT、フロムエーナビ等)」と
「紙求人媒体(タウンワーク等の印刷物)」は、
作り方が全く違うからこうなるのだ、とお考えくださいませ。

詳しくは弊社の求人広告営業マンにお聞きください。

簡単な校正記号を教えてほしい。


簡単な校正記号について書いたブログ記事があります。
こちらよりご覧ください。

https://www.taiyo-kikaku.co.jp/2016/10/14/?arcf=post:blog-recruit

例です。



適性検査って採用に役立つの?

採用において活用方法が幅広く、大変に役立つ商品と言えます。

採用する側の判断の後押しになったり、
見えないマッチングポイントに気付かせてくれます。
活用方法によっては、
離職防止やモチベーションアップにも役立てられるでしょう。

ただし活用する際は、「適性検査は絶対的なものではない」と認識することが、とても重要です。

ここでは書ききれない商品です。
詳細はお気軽に、弊社の求人広告営業にお問合せください。
適性検査

採用を成功させるには、大きな原稿サイズの求人広告の方が有利?

否定できない面があります。

求人広告媒体のWEB化が理由の一つです。

紙媒体(B-ing、とらばーゆ等)時代は、
読者がページをめくりながら求人広告を見ていました。

ですから小さな原稿サイズでも、思いきった表現をすれば、
目に留ることもありました。

しかしWEB求人広告媒体は、検索から始まります。

小さな原稿サイズは、導線が不利に働いてしまうのです。
正直に申しまして、私たちもそこはジレンマです。

「採用に大きな予算を割けない案件こそ、私たちの腕の見せ所だ」

と言いたいくらいです。
詳しくは、弊社の求人広告営業に気軽にご質問ください。

紙媒体とWEB媒体

納品された原稿に対する、修正の仕方がわからない。

原則、伝えやすい方法で伝えていただいて問題ございません。
一応、お客様のパターンを見てみると、

 1.「赤ペンで一字一句、修正箇所を書いていただけるお客様」

 2.「まずは相談いただけるお客様(弊社の意見を参考にするスタンス)」

 3.「口頭で次々と要望をお伝えいただけるお客様」

 4.「プロが作ったから大丈夫と、修正無しで終わっていただけるお客様」

になります。

ご注意いただきたいとしたら、第一印象では良いと感じていたのに、
何度も原稿を見ているうちに色々と変えたくなってしまったときです。

そのときは「読者は第一印象で動くのでは…」とお考え直すことも、
大切な手法の一つと言えます。

色々と変えたくなっている自分自身は、
すでに読者目線から離れ始めている可能性があるからです。

(正直に申しまして、プロであるはずの求人広告営業マンも、
求人広告制作マンもよく陥ってしまう、やや特殊な感覚です)

修正に関してはご無理なさらず、弊社求人広告営業マンにお気軽にご相談ください。

個人経営が求人を出すと、やっぱり不利?

私どもは一概にそうは思いません。

求職者の希望は様々で、景観のいいオフィスで働きたい人もいれば、
一日中誰とも話さなくていい場所で働きたい人もいます。

福利厚生よりもやりがいが大事な人もいれば、
ハードでも待遇が良ければモチベーション高く働ける人もいます。

大切なことは、いかにターゲットを具体的にするかです。

今回の場合はキャラクタライズまで、
しっかりと設定して臨むべき案件になります。

まずは弊社求人広告営業に、お気軽にご相談ください。

「有効求人倍率」って何?

有効求人倍率とは、
「仕事を探している人(求職者)」1人あたりに、
「何件の求人があるか」を示すものです。

例えば、求職者が100人⇒求人が50件しか無かったら、
有効求人倍率は「0.5」。

求職者が100人⇒求人が200件もあったら、
有効求人倍率は「2.0」です。

「有効」という言葉がいらないような気もしますが、
重要な意味があります。

企業がハローワークに求人案件を掲載できるのは「2ヵ月」。
2ヵ月経つと求人案件は消滅します。

つまり、(累積の数字ではなく)直近「2ヵ月」のみの
求職者数と求人件数を見ながら求人倍率を出せば、
経済状況を反映した数字推移になる、と考えることができます。

そのため「有効」という言葉が付いています。
有効求人倍率

※参考までに。2009年のリーマンショック直後は、有効求人倍率が「0.47」まで下がりました

最低賃金は、なぜ上がっていくの?

「最低賃金を上げると、全体の賃金ベースが上がるので消費が活発になる」
という見立てのもと、最低賃金の引き上げが実施されます。

この方法論には、実際には賛否両論あるようです。
しかし人を雇用する以上、無視はできません。

求人広告掲載の際、私たちも最低賃金について、
お客様にお伝えすることがあります。

最も多いケースは、「研修期間中の時給が、最低賃金を下回っていた」というケース。

研修期間中でも最低賃金は遵守しなくてはいけません。
掲載の際は、念のためご注意ください。

弊社の求人広告営業にお気軽にお問い合わせください。

異業界から採用する理由がわからない。

求人広告の商談時に、お客様から
「真っ白な人を採用したい」と言われることがあります。

「真っ白な人」を単純に紐解くと、

「社会に染まっていない人 = 社会人経験が無い人」

もしくは

「業界に染まっていない人 = 業界経験が無い人」

もしくは

「仕事の方法論が染みついていない人 = 職種経験が無い人」

となります。

つまり、採用する会社の持つ「方法論」や「DNA」を実直に覚えてほしい場合、
「真っ白な人が欲しい」という表現になるのです。

上記の理由で、あえて異なる業界から採用する手法は、
求人広告では王道の一つです。

ご相談されたいときや事例を知りたいときは、
弊社の求人広告営業にお気軽にご相談ください。

面接官の心得って?

「面接官も簡単な自己紹介をする」
「入社してほしい人材には動機づけまでする」
「最初と最後に気を配る」
「おもてなしを忘れない」
…等々、面接官の心得や姿勢については、多くの情報が存在します。

目を通すととても面白いですが、全てを網羅する必要もありません。

自社の文化に合った方法やビジョンに合った方法、
自分たちなりの方法を創り出すのが一番良いと考えます。

2016年2月19日の太陽企画のブログに、面接官の姿勢について書きました。
くだけた内容ですが、良ければ参考にもしてください。

(※大変申し訳ございません。旧人事ブログは事情により現在閉鎖しております)

採用ツールって何? どんなものがある?

採用ツールは、選考フローに合わせて様々に発生します。

例えば、

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
「何度も会社説明会をする会社の場合」

・常に説明会のクオリティを高く一定に保つために、説明会内で使用する
「オープニングムービー」「会社案内」「採用案内」
等のツールを作成して、何度も使用するケースがあります。

・自社のことを応募者に強く記憶してもらうために、
「ノベルティ」を作成して配布するケースもあります。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
「合同会社説明会に参加する会社の場合」

・採用競合のブースよりも自社のブースを目立たせ、
かつメッセージを伝えやすくするために、
「椅子メディア」「テーブルクロス」「タペストリー」
等を作成することもあります。

・内定者フォロー用のツールも色々とあります。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

選考フローにおいて
「あると便利」「効率良い」と考えられるツールを、
採用ツールとしています。

採用ツールは太陽企画でも作成しております。
お気軽に、弊社求人広告営業マンにご相談ください。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


↓ 弊社作成実績の一部

求人広告掲載にあたって、どの媒体が有効なのかわからない。

日本中に多くの求人広告メディアが存在し、各々に特徴があります。
どの求人広告メディアが有効なのか、わからなくて当然です。

まずは、リクルートトップパートナーである弊社の求人広告営業にお会いください。

社員、アルバイト、パート等の雇用形態や職種に合わせて、
適切な人材が採用できるように企画提案いたします。

(勿論、リクルート求人広告メディアではない求人広告メディアも取り扱っています)

☆リクルート採用メディアの紹介ページは、こちらをクリック

求人広告は応募効果を操作していると聞いたことがある。

実はこのようなご意見は、何度も頂いたことがあります。
求人広告に対する不信感と捉えておりますので、真摯に受け止めております。
事実を記しますと、そのようなことは無いと認識しております。
最低でも弊社内において、知り得る限りのここ10年で、
そのようなことを確認したことはございません。
版元(リクルートジョブス、リクルートキャリア、リクルートホールディングス等)から
そのような情報を頂いたことも、現状では一切ございません。

それでもご意見が世の中に存在するという事実は、
しっかりと受け止めるべきことですから、
求人広告や人材ビジネスは怪しいというような思いが社会から消えるよう、
日々精進したいと思います。

太陽企画についてのご質問

自社メディアはあるの?

2017年6月より、人材採用・求人広告についての情報を発信する
自社メディアをスタートしました。

大きなメディアではありませんが、少しずつ育てていければと思います。

どんな提案が得意?

リクルートのトップパートナー(求人広告代理店)ですから、
得意分野はリクルート求人媒体です。

しかし採用支援において長年の実績があり、
お客様に合わせた「母集団形成」「会社説明会」「選考」「内定だし」といった
採用スキームをご提案することができます。

多様化する採用に対応するため、
全国求人媒体、折り込み、ポスティング、適性テスト、
採用ツール、研修等の様々な商品も用意しております。

まずはお気軽にご相談ください。

取扱い商品は、リクルートの求人広告のみ?

求人広告代理店としてはリクルートの求人広告がメインではありますが、
全国の様々な求人媒体と共に、

「採用映像」「パンフレット」「ポスター」「バナースタンド」「タペストリー」
「採用カード」「社内報」「クリアファイル」「クリアブック」「チラシ」
「椅子メディア」「研修」「テーブルクロス」「販促ステッカー」
「DM」「リーフレット」「ポスティング」…

等、様々な実績があります。まずはお気軽にご相談ください。


↓ 弊社実績一部紹介

採用成功の実績は?

創業より40年以上の歴史があり、お取引したお客様は20,000社以上になります。
受賞歴も業界トップクラス(受賞歴はこちらをクリック)です。
業界問わず、採用成功事例(成功事例はこちらをクリック)も多くあります。

渋谷オフィスを創設した理由。

従業員が池袋本社に集合していた場合、
渋谷区や港区、新宿区、文京区、台東区といった
東京都内/専門エリアに対して、
サービスが手薄になる可能性が否めません。

お客様により近い存在になるために、渋谷オフィスを設置いたしました。

office-photo

従業員の男女比は?

おおよそ男性6:4女性です。

思い返してみると、男女雇用機会均等法が定められる以前から、
この比率はほとんど変わっていないかもしれません。

男女比

ずっと池袋が拠点?

40年近く、東京都豊島区東池袋を拠点に事業を展開してきました。

池袋や豊島区において採用や求人広告掲載をお考えの場合は、
安心してご相談ください。

さらに渋谷にも拠点を置き、
渋谷区、港区、新宿区、文京区、台東区といった専門エリアを含めて、
首都圏/東京都内を網羅できるようにしています。

全国にも取引先があります。

まずはお気軽にご相談ください。

求人広告代理店の違いが分からない。

一般的に見れば、求人広告代理店に違いは無いように見えます。

しかし、実際は求人広告代理店各々で強みと弱みが違います。
メインで扱う求人メディアによっても、その違いがあると言えます。

まずはリクルートトップパートナーである
弊社の求人広告営業にお会いしてみてください。
ご満足いただけることを心より願っております。

そもそもリクルートトップパートナーって、何?

求人広告媒体を取り扱っている広告代理店を大きく分けると、

A.1つの版元に特化しながら、様々な求人広告媒体を取り扱う会社
B.1つの版元に特化せずに、様々な求人広告媒体を取り扱う会社
C.主事業が他にあり、片手間に求人広告媒体を取り扱っている会社

となります。

 *

私どもは「A.1つの版元に特化しながら、様々な…」に属しており、
「リクルート媒体」に特化しているわけですが、
その中でも取扱高、提案スキル、営業スキル、従業員数、沿革等によって、
リクルートグループが「トップパートナー」として契約するに適していると判断した際に、
双方の合意のもとに契約に至ります。

それが「リクルートトップパートナー」です。

 *

今ではさらに、クライアント様のニーズに細やかに応えるために、
リクルートグループとは関係のない全国の求人媒体も多く取り扱いながら、
クライアント様の抱える課題に合わせたご提案を心掛けています。

人材採用に迷った際は、まずはお気軽に私どもにご相談ください。

以下、インタビュー記事もご覧ください。

【特別インタビュー vol.1】リクルートが時代を変えてきた ~株式会社太陽企画 代表 小野瀬孝行

電話をすれば、営業が来社してくれるの?

求人広告ご出稿の意志が強く、かつ首都圏であれば、
原則訪問いたします。

ただし遠距離になりますと難しい場合もあります。

まずはお気軽に「電話」もしくは「お問合せフォーム」からご相談ください。
→ お問合せフォームはコチラ

お客様から、どんな声をもらっているのか。

お客様からFAXにていただいた「ご意見・ご感想」がありますので、
直近2ヵ月分から一部のみ抜粋してみました。

『まだ新人とおしゃっていましたが、話をして、任せてみようと思える対応でした』

『人気の無い職種に真っ向勝負に挑んだことには好感が持てた』

『初めてだったので、どう進めていけばいいのかわからず不安でしたが、
担当の営業マンがとても話しやすい方だったので、安心して何でも相談できました』

『これまで一度も取引きがありませんでしたが、
○○○○(弊社営業の名前)の人柄に惚れ込み、
次回の募集広告は太陽企画さんにお願いしようと決めていました』

『公募でのアルバイト募集は初めてでしたが、
掲載までの確認連絡はもちろん、掲載後のフォローも万全でとても安心でした』

等々。

営業マン個人又は原稿のクオリティに対して、
前向きなご意見をいただけたことを心より嬉しく思います。

ただし、今回参考にしたFAXの中にはたまたま無かったものの、
不備をご指摘いただく場面も当然ございます。

どのような意見にも耳を傾け、
初心と感謝の気持ちを忘れず、真摯に取り組んでいきたいと考えます。

今後ともご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。

お客様アンケート

ブログやフェイスブックはあるの?

本サイトの最下部右側にリンクバナーがあります。

こちらにもリンクを貼っておきますので、ぜひご覧ください。
ブログバナー

2525

育休、産休や時短勤務はありますか?

2017年2月現在、数名の従業員が
「育休」「産休」「時短勤務(育児・介護時短勤務制度)」を活用しています。

太陽企画に入社するには、どうしたらいい?

ご興味を頂きまして、ありがとうございます。

採用サイトがあります。ご活用ください。
https://taiyokikaku.recruitmedia.jp/

問合せフォームからも対応しています
→ https://www.taiyo-kikaku.co.jp/contact/

もしもリクナビNEXT等に掲載中の場合は、そちらからのご応募もお待ちしております。

良いご縁がありますように。ご応募お待ちしております。

メルマガについてのご質問

メルマガの申込み、解除について

<申込み>
お手数ですが、担当営業もしくは「お問合せフォーム」「フリーダイヤル」「代表電話」にて、直接ご連絡ください。

<解除>
「解除フォーム」を用意しております。こちらをクリックして進めてください。 

☆解除フォーム☆

メルマガのバックナンバーについて

メルマガのバックナンバーは、下記をクリックしてください。

☆メルマガバックナンバー☆

※情報が古い場合があります。詳細は、担当営業もしくは「お問合せフォーム」「フリーダイヤル」「代表電話」にて、直接ご連絡ください。