直接投稿と採用サイト、Indeedに掲載するならどちらがいいの?

  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
  • Twitter
最終更新日: 2020/12/25  (公開日: 2020/02/07) このページのタイトルとURLをコピー
Indeed掲載は直接投稿と採用サイトどちらがいいの?

求人検索エンジン「Indeed(インディード)」に掲載するには、大きく分けると直接投稿する方法と採用サイトを掲載する方法があります。

最近は採用サイトを手軽に作れるサービスも増えていることもあり、これからIndeedに掲載する場合どちらの方法で掲載したほうが効果的なのか悩みどころ。

そこで今回は、Indeedに掲載するなら「直接投稿」と「採用サイト」どちらで掲載するのが良いのか、メリット・デメリットを解説していこうと思います。

Indeedご活用ガイド

Indeedのシステムに求人情報を直接入力する「直接投稿」

直接投稿の特徴

Indeed直接投稿画面

直接投稿とはその名の通り、Indeedのシステムに募集情報を直接入力して掲載する方法です。

求人票の項目は指定されており、以下の内容を登録することができます。

  • 職種名
  • 職種カテゴリ(選択式)
  • 会社名
  • 勤務地
  • 応募先メールアドレス
  • 電話番号
  • 雇用形態
  • 給与(給与形態・金額)
  • 仕事内容及びアピールポイント
  • 求める人材
  • 勤務時間・曜日
  • 交通アクセス
  • 待遇・福利厚生
  • その他
  • タグ(検索結果一覧ページなどに表示されるメリットマーク。選択式)
  • 質問事項の設定

直接投稿のメリット・デメリット

Indeedに直接投稿で掲載する場合のメリット・デメリットは以下の通りです。

手軽に求人掲載可能

求人掲載したい企業や店舗のなかには自社サイトを持っていない、またはサイトは持っているがIndeedに対応していないというケースは少なくありません。直接投稿ならイチからIndeed対応の採用サイトを制作しなくても求人掲載することができます。

企業サイトなど外部サイトへのリンクは不可

直接投稿の求人票には外部サイトへのリンクを貼ることはできません。「求職者に自社のことをもっと知ってもらいたい」などの理由からリンクしたい場合には、Indeedで企業ページを別途作成し、そこから外部サイトへのリンクを貼ることになります。

採用サイトをIndeedに掲載する方法

採用サイトをIndeedに掲載する方法は2種類あります。

  • クローリング
  • XMLフィード

それぞれ順に解説します。

クローリングの特徴

クローリングとは、クローラー(プログラム)が企業サイトを自動巡回して採用情報を取得し、Indeedに反映させる掲載方法です。クローラーは定期的に巡回しているので、採用サイトの情報を更新すれば時間差でIndeedにも反映されます。

採用サイトをクローリングしてIndeedに掲載した場合のページ遷移

クローリングで掲載した場合も、Indeed上には「直接投稿」と同じデザインで表示されます。その後「掲載元で詳細を見る」をクリックすると、Indeedから採用サイトにページ遷移します。

クローリングの掲載条件

Indeedに自社サイトを掲載するには、お持ちのサイトがIndeedのクローリング要件を満たさなければなりません。

  1. 求人ページがHTML形式であること(PDFなどは不可)
  2. 1つの求人詳細ページ(URL)に対して1職種×1勤務地であること
  3. エントリー(応募)ができるページがあること
  4. 職種・仕事内容・勤務地(住所)・会社情報が記載されていること
  5. 求人情報が独自のページであること(他求人サイトへのリンクは不可)
  6. 求人情報を見るためにユーザー登録を要求しないこと
  7. スマホ最適化されていること

Indeedを自社サイトに掲載するための基準については「自社の採用サイトをIndeedに掲載するための基準」で詳しく解説しているのであわせてお読みください。

XMLフィードの特徴

採用サイトをIndeedに掲載するにはクローリングの他にXML形式のデータフィードをIndeedに読み込んでもらう方法もあります。

ここでは詳細まで解説しませんが「当社(太陽企画)×営業×正社員」の募集であれば以下のような内容を送信することでIndeedに読み込んでもらうことが可能です。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<source>
<publisher>株式会社太陽企画</publisher>
<publisherurl>https://recs-lp.com/taiyo-kikaku/</publisherurl>
<lastBuildDate>Fri, 07 Feb 2020 14:00:00GMT</lastBuildDate>
<job>
<title><![CDATA[求人広告の企画営業職]]?></title>
<date><![CDATA[Fri, 07 Feb 2020 14:00:00GMT]]?></date>
<referencenumber><![CDATA[0001]]?></referencenumber>
<url><![CDATA[https://recs-lp.com/taiyo-kikaku/index.php?post_type=job&p=***]]?></url>
<company><![CDATA[株式会社太陽企画]]?></company>



<jobtype><![CDATA[正社員]]?></jobtype>
<category><![CDATA[営業]]?></category>
</job>
</source>

採用サイトで掲載するメリット・デメリット

Indeedに採用サイトを掲載する場合のメリット・デメリットは以下の通りです。

詳細情報や独自コンテンツで自社の魅力をアピール

採用サイトを掲載すると、Indeed内の求人詳細ページから自社サイトにページ遷移することができます。採用サイトにページ遷移する=募集内容に興味を持った求職者ですので、自社サイト内で追加情報や細かな魅力をアピールすることで応募率アップを期待できます。

他の募集内容も見てもらえる可能性がある

自社の採用サイトに複数の募集を掲載している場合、Indeed経由で求職者を自社サイトに訪問させることができれば他の募集まで見てもらえる可能性があります。職種・勤務地など複数の求人を募集するならサイト内回遊を期待できる採用サイトのほうが適しているといえます。

採用サイトをクローリングしてIndeedに掲載した場合サイト回遊される可能性がある

サイト構造によってはうまくクローリングできない可能性がある

ひとくくりに採用サイトといっても細かなページ構造はサイトによって異なります。前述の通り、そもそもクローリング基準を満たしていなければ掲載することができませんし、基準を満たしていても細部まですべての項目が最適化されてクローリングできるとは限りません。

このあたりの詳細は当社でお調べしますので、お使いの採用サイトがIndeed対応か気になる方はお気軽にご相談ください。
>> お問い合わせはこちら

直接投稿と採用サイトのどちらで掲載するのがおすすめ?

ここまでIndeedの掲載方法「直接投稿」と「採用サイト」それぞれの特徴をお伝えしてきました。

それぞれメリット・デメリットはありますし表示順位への優劣はありませんので、どちらの方法が良いのか一概にご案内することはできません。しかし、募集職種数や緊急度などの貴社の詳しい状況がわかれば適切な方法をご提案することができます。

例えば…

採用サイトは持っていない。なるべく急ぎで採用したい

掲載へのスピードを重視されるのでしたら直接投稿がおすすめ。求人原稿の作成から運用まで当社で行いますので、まずはご相談ください。

採用サイトは持っているけどIndeedに対応していない

お急ぎでしたらまずは直接投稿での募集がおすすめ。長期的には既存の採用サイト改修、もしくはIndeed対応している他サービスへの移行を検討いただくのが良さそうです。

採用サイトは持っているけど情報更新するには社外への依頼が必要

運用型広告と呼ばれるIndeedは掲載開始後の運用が重要です。運用していく中で職種名をはじめとする情報修正をご提案する機会も多くあります。
サイトの仕組み上更新が難しいようでしたら直接投稿または手軽に更新できるIndeed対応の採用サイトを別途お持ちいただくことをおすすめします。

社風や役割・求める人物像などメッセージを細かく伝えたい

独自のコンテンツでアピールできる採用サイトがおすすめ。すでにサイトをお持ちでしたらIndeedに対応しているかお調べするので、まずはご相談ください。

このように状況に応じて適切な掲載方法は異なります。当社では現状をヒアリングした上で適切な掲載方法をご提案していますので、まずはお気軽にご相談ください。

>> お問い合わせはこちら

また最近では、Indeed以外にも「Googleしごと検索」や「求人ボックス」など類似の求人検索エンジンもあります。オウンドメディアリクルーティングが注目される今、各種検索エンジンに対応した採用サイトを持っておくと、長期的なメリットは大きいと考えています。

採用サイトを作ってIndeedに掲載するならRECS LPで

RECS LP(レックスエルピー)は人材事業40年、Indeed認定パートナーの当社(太陽企画)が提供する採用サイト制作システムです。Indeedの運用ノウハウを活かし、掲載効果の最大化を期待できる求人ページを制作いたします。

採用サイトを作ってIndeedに掲載するならRECS LPをご検討ください。
>> Indeed・Googleしごと検索・求人ボックス対応!RECS LPの詳細はこちら

Indeedご活用ガイド

ロゴ
株式会社太陽企画

リクルートトップパートナー/Indeedシルバーパートナー
設立40年超、1都3県を中心に全国の人材採用を支援する広告代理店。求人広告のご掲載、Indeed等のWeb広告運用代行、採用サイト制作などのサービスを提供しています。

採用に関する質問・相談など、お気軽にご相談ください

資料請求・ご相談(無料)