Indeed(インディード)とは?仕組み・メリット・掲載方法を解説します

公開日: 2019/11/28     Indeed  
Indeed(インディード)とは?仕組みや特徴・導入メリット・掲載方法を解説します

「Indeed(インディード)って何?」
「従来の求人広告媒体とIndeedって何が違うの?」

TVCMなどで耳にし実際に新たな採用手法として導入している企業様も増えているIndeed(インディード)ですが、「正直まだよくわかっていない」というお声もよく耳にします。

当記事ではそんな採用担当者様向けに、Indeedの仕組み・特徴・導入メリット・効果・掲載方法について解説していきます。

Indeedの導入検討している方はもちろん、Indeedについて学び直したい方も、ぜひご覧ください。

Indeed(インディード)とは?

Indeedはインターネット上のあらゆる求人情報を網羅しています

Indeedは、ひと言でいうと求人専門の検索エンジン(検索サイト)です。
イメージとしては、Google(グーグル)やYahoo!(ヤフー)の求人情報専門版とお考えください。

企業・店舗のホームページに載っている採用情報、派遣会社/紹介会社の案件、そしてタウンワークやフロム・エーナビのような求人広告媒体など、Indeedはインターネット上のあらゆる求人情報を網羅しています。

元々はアメリカで誕生したサービスですが、2012年にリクルートホールディングスが買収したことを一つの転機に日本国内でもユーザーを拡大してきました。今では世界60ヶ国以上でサービスを展開しています。

Indeedの仕組み

「世界中の求人情報を網羅するIndeed」となんだか複雑そうと思われるかもしれませんがご安心ください。Indeedのサイトトップページは非常にシンプルで、はじめて利用する求職者でもカンタンに仕事探しすることができます。

Indeedは求人情報専門の検索エンジン

Googleのように画面中央に検索窓が表示されたシンプルなトップ画面。ここで、「職種」「会社名」「条件」などのキーワードや勤務地を入力して検索すると、Indeedが取り込んでいるインターネット上の求人情報の中から求職者にマッチしたものが一覧表示される仕組みです。

企業の採用サイトから求人広告媒体まで、Indeedはインターネット上のあらゆる求人情報を網羅

タウンワークリクナビNEXTなど従来の求人広告媒体では、求職者はそのサイトを訪れてもサイト有料掲載された求人情報しか閲覧できません。

しかしIndeedなら、求人広告媒体はもちろん企業の採用サイトまでまとめて一覧表示されるので、求職者はより多くの情報をチェックしやすい仕組みになっています。

Indeed一覧画面で職種をクリックすると詳細画面が表示される

Indeedの一覧画面で職種名をクリックすると、その求人の詳細情報を確認したり掲載元である企業の採用サイトや求人媒体のページへ移動して詳しく確認することもできます。

無料枠と有料枠がある

Indeedが自動的に取り込んでいる求人情報は基本的にすべて無料で表示されます。
くわえてIndeedの一覧画面には一定数の有料枠が設けられており、自社の求人情報をより目立たせ多くの求職者に対して表示・クリックさせることが可能です。

Indeedには無料枠と有料枠がある

有料枠には「スポンサー」や「PR」と書かれている

Indeed有料枠は統計的に最もクリックされやすい一覧画面の上部・中部(スマホのみ)・下部にあり、有料枠に掲載した際のクリック数(詳細画面の閲覧数)は無料枠との比較で約5倍もの増加を期待できます。

Indeedを使うメリット(強み)

Indeedを使うメリット(強み)

企業や店舗の採用活動でIndeedを使うメリットは以下のとおり。

  • 訪問数が多いのでたくさん人材に出会うチャンスがある
  • 採用が難しい職種や求人媒体のない地方でも高い効果を発揮
  • 広告費の削減を期待できる
  • マッチング度の高い応募者を獲得ができる

それぞれ具体的に説明していきます。

メリット1:月間訪問数2,800万でより多くの人材に出会うチャンスがある

Indeedの月間訪問数は2,800万人*といわれています。
直接比較はできませんが、同じくリクルートが運営する日本最大級の転職サイト「リクナビNEXT」の会員登録数が900万人**と考えると、訪問数の多さを少し実感いただけるのではないでしょうか。

このように毎月多くの求職者が訪れるIndeedに掲載しておくことで、自社の採用活動をたくさんの求職者に知ってもらえ、新たな出会いの機会を生むことが期待できます。

* 2019年9月時点
** 2019年6月30日時点

圧倒的な訪問数の背景

Indeedの月間訪問数が多い背景には、(1)求職者が仕事探しでスマホ(Google検索)を利用するようになったこと、(2)Indeedが検索エンジン(SEO対策)に強いこと、の2点が考えられます。

スマートフォンの普及により、求職者は仕事探しの際にGoogle検索を利用することが増えました。
SEOに強いIndeedは「求人+エリア」や「職種+エリア」で調べるとGoogleの検索結果で上位に表示されることが非常に多く、求職者が仕事を検索すると自然とIndeedに訪問しやすい状況にあります。

メリット2:有料枠はクリック課金制で効率的な予算活用ができる

企業ホームページや求人広告媒体などあらゆる情報を網羅するIndeedには、非常に多くの求人情報が掲載されています。TVCMでも流れているようにIndeedには無料で求人を掲載することができますが、それだけでは思うように応募数が増えないケースも少なくありません。

そこでIndeedの効果を最大化するために欠かせないのが有料枠への掲載。

Indeed有料枠は求職者のクリックに応じて費用が発生する「クリック課金制」です。
決まった期間・料金で掲載する求人広告媒体と違い、求職者が一覧画面でクリックし、詳細情報を閲覧されなければ費用は発生しない仕組み。

大前提として求職者が検索した条件にマッチして一覧画面に表示されていること、そしてその一覧の中から興味を持って詳細画面を閲覧されて初めて費用が発生する仕組みですから無駄がありません。

くわえて掲載数日で採用充足した際には有料枠への掲載をストップしたり、反対にいつでも掲載再開することも可能です。

このようにIndeedは反響や状況に応じて随時調整できるので無駄が少なく、従来の求人広告媒体からIndeedの有料掲載に変更してコストカットに成功した企業・店舗の事例があります。

メリット3:採用が難しい職種や地方でも高い効果を発揮

Indeedの検索方法は「キーワード × 勤務地」。
「職種」「住所」など求職者は自身が求める要件で直接検索するので、求人広告媒体よりもダイレクトなマッチングが実現します。

実際に求人広告媒体で6ヶ月掲載して応募ゼロだった企業様(採用が難しいエリアでの募集)が、Indeedの有料掲載をはじめて1ヶ月で3件応募(採用1名)といった事例(後述)などもあります。

Indeedの効果事例

続いて、当社が実際にIndeedを運用した効果事例の一部をご紹介します。

太陽企画の運用によるIndeedの効果事例(Before:求人広告媒体 / After:Indeed)

1つ目はIndeedの導入によってコストを大幅に削減できた事例、2つ目は求人広告媒体で効果が出ていなかったところIndeedを導入したことで採用成功した事例です。

  • 採用コストを削減したい
  • 従来の求人広告媒体で満足のいく効果が出ずに困っている

当社には他にもIndeedの運用実績がありますのでお気軽にお問い合わせください。
>> ご相談・お問い合わせはこちら

Indeedの掲載方法

Indeed(インディード)の掲載方法

Indeedの掲載方法は大きく分けて2種類あります。

  • 企業・店舗が自らIndeedを導入する
  • Indeed認定パートナー(代理店)に依頼する

それぞれ順にご説明します。

企業・店舗が自らIndeedを導入する

Indeedは企業・店舗が自ら導入することができます。

具体的には、
・Indeedに直接投稿する
・Indeedに対応した自社の採用サイトを使う
いずれかの方法になります。

※Indeed対応の採用サイトをお持ちでしたら、既にIndeedに無料掲載されている可能性もあり

企業・店舗が自らIndeedを導入する方法

この場合、まずはIndeed公式サイトにアクセスし、「Indeedをはじめる」から画面指示に従いながら操作してください。

Indeed認定パートナー(代理店)に依頼する

もう一つは、Indeed広告(有料枠)の販売代理店として公式に認定された認定パートナー経由で導入する方法があります。細かな導入の流れは代理店各社で異なりますので、ここでは当社(太陽企画)にご依頼いただいた時の流れをご説明します。

  1. お打ち合わせ(採用課題のヒアリングや採用ページの有無などを確認)
  2. Indeedによる掲載可否の審査
  3. Indeed有料掲載のお申し込み
  4. 太陽企画でIndeedアカウントを発行
  5. Indeed有料掲載スタート

※代理店経由でのお申し込みは有料枠への掲載が前提です

大まかに書くと上記の流れになります。
実際には採用サイトの有無など掲載方法によって一部異なりますので、詳細はお打ち合わせの際にご説明させていただきます。

掲載手続きや掲載後の細かな調整はすべて代理店が行いますので、採用担当者様の負担が増えることはありません。

Indeedの仕組みや掲載効果ついてのよくある質問(Q&A)

Indeedの仕組みや掲載効果ついてのよくある質問(Q&A)

専門的な知識がなくても導入できますか?

企業・店舗で自ら導入することはできますが、予算管理・クリック単価の調整など掲載スタート後も色々と運用業務が発生します。

その点、当社をはじめとする代理店に依頼いただければ全般的にフォローいたしますので、煩わしい運用実務や専門知識は不要です。

チャージ金額に利用期間はあるの?

Indeedのチャージ金額には利用(費消)期間などの制限はありません。
例えば、掲載中に採用充足した際には一時的に掲載ストップし、再開するまで保有しておくことができます。

チャージ金額が1日で無くなってしまう可能性はある?

日額予算の設定が可能なので、設定額以上に費用がかかる事はありません。
当社にご依頼いただければ、お客様の採用目標・indeedご利用目的にあわせて効率よく予算消化できるように運用させていただきます。

無料枠だけじゃ効果は出ませんか?

職種や勤務地など条件によっては無料枠だけで効果が出るケースもあります。
しかし有料枠のように上位表示できませんので、数多くの求人情報の中に埋もれて閲覧数が伸びない可能性があります。

Indeedで自社の採用課題を解決しましょう

当記事では、Indeedの仕組みや特徴・導入メリット・効果・掲載方法について解説しました。

  • 従来の求人広告媒体で満足のいく効果が出ていない
  • 新たな採用手法として試してみたい
  • 自社の採用活動をより強化していきたい

など、企業・店舗の数だけ採用に関するお悩みもあると思います。
それらを解決する手段のひとつにIndeedの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

「Indeedについてもう少し詳しく教えてほしい」
「当社でもIndeedを導入したら効果が出そうか」
「太陽企画のIndeed運用には他にどんな事例があるの」
など、少しでもIndeedに興味をお持ちでしたらまずはお問い合わせください。

人材事業40年以上の当社が、貴社の採用活動を全面的にサポートさせていただきます。

採用に関する質問・相談など、お気軽にご相談ください

資料請求・ご相談(無料)